読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「それでも今日は好い日だ」

猫と裁縫と日常の雑記。

久々の大物を。

さて、校了明けから数日のお休みがありました。
特に予定も無かったので、洗濯したり掃除したり昼寝したり買い物行ったりおでん煮たり……いや、これじゃいかん。

というわけで、今回はコレをどうにかしてみようかと。

ソファです。無印の2シーター。
純正品のカバー(ベージュのやつ)が経年劣化で洗っても落ちない感じに変色してしまったので、普段は通販で買った伸縮ソファカバーをかけてました。が、伸縮素材なので毛玉ができる。その上、猫の毛や糸くずが絡まると取りにくい。コロコロしても目に見えてる糸くずが取れない。ので、更にその上に上掛け(以前に自作してたもの)を掛けてました。
※写真はその伸縮素材カバーを外して洗濯してる途中。

上掛けを引っぺがす。久しぶりに見た地色。

実は、以前から密かにパッチワークソファに憧れてました。とはいえ、我が家のソファも10年選手だけれど傷んでいるわけではないし、ほいほい買い換えるというのもなんだか……。
こんな時のため(というわけではなかったけれど)に!
いつか継ぎ接ぎのナニカを作りたいと思って、ちまちまと買い集めていた布のストック。色は茶系・ベージュ系・グリーン系で、絵柄はペイズリーを含めたオリエンタル系、更紗的な?
そこにこげ茶とグリーンの無地ドビー生地を加えて、多分、8〜9m分。
その在庫を使って、ソファカバーを作ろうではありませんか。

そしてひたすらに継ぎ接ぎ。

土台部分が完成(クッションで隠れる部分は継ぎ接ぎせずに1枚布)。
ところで、写真撮影すると高確率で狸が映り込むのは呪いですかね。

苦闘3日間で仕上がりましたー。
……ちょっと左側の背当てクッションの色の配置がよくなかったかしら。まぁいいや。もう直せないし。

私は全部ミシンでやったし、どうせ見えないからいいやと思って裏側の糸端の始末をほぼしなかったけれども、世の中にはこれより細かいパッチワークを全て手縫いでやる人がいる。
ミシンでやってさえ、計算ミスに翻弄されるのに(ちょっと誤魔化した部分もある)、これを手縫いでやるなんて無理。
手作業パッチワーカーを尊敬。


<おまけ>

しまった。保護色。