読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「それでも今日は好い日だ」

猫と裁縫と日常の雑記。

バッグあれこれ。

最近は、オクでの常連さんの意向もあり、カジュアルなワンハンドルショルダーばかり作っていた。


こんなのとか、


こんなの。

こちらのほうがグラニーより手間はかからない。けど、使う布の量は多い。

グラニーも最近はシンプルめ。そしてでかめ。


さて、そんな中。
本日はちょっといつもと違うものを。

ミドルサイズの底マチ付きトート。

布(スエード風の生地に黒で起毛プリントされた生地)のイメージにあわせて、サイドもちょっとくしゃっと。厚めのドミット芯も挟んでるので、ふわっと感もあり。
これは販売用ではなくて自分用。
出来上がりが意外と可愛らしくて満足……が、自分用だと気が緩むのか、完成してからミスを発見。
底マチに向けて、4カ所タックが入っているが、1カ所だけタックを折りたたむ向きが違った。
(が、むしろその1カ所が自分的に望む形だったので、3カ所間違えたとも言える)
……まぁ、いわなきゃわからないからいいかな(自分用なので直さない)。
持ち手の中にもドミット芯を挟んで、むっちりした持ち手にしてみたけれど、これは迷うところ。入れないほうがよかったか(入れちゃったからもう直さないけど)。くてっとした持ち手も悪くないよね。

ちなみにこの生地、地元の手芸店で、カットされたものが安く売っていたのだが、写真の青色とオレンジ色を買った後、「この生地気に入ったかも。まだワゴンに残っていたから…」と思って、3日後に買い足しに行ってみたら売り切れていた。ちぇ。

オレンジ色のほうは、こっちで使用。

本体は、モケット生地(目の粗いベルベットのような、ふた昔前のソファ生地のような、もこっとした生地)で隅っこにアクセントで上記のオレンジ色の生地を配してみた。

がま口に対する不安(私の作るがま口は、いつか突然、口金から布が外れるんじゃなかろうかという不安)は、縫い付けタイプの口金を使用することで解消されたけれど、口金と本体のサイズバランス、縦横比、マチの有無、有りならそのサイズ等々がまだ試行錯誤の段階。
が、あまり試行を繰り返すのも金がかかる。カン付・縫い付けタイプ・幅大きめの口金はあまり安くないので。

ここらでそろそろ、オクに出してみて、一部でも資金を回収しようかと思うところだが、先日、オクのバッグ部門を覗いてみたら、明らかに作り慣れてて綺麗に仕上がっている大きめのがま口バッグが、結構な安値で売り買いされててビビる。ていうか、それ、ネットで特売されてる口金のみの値段より安くね?っていう値段で。入札数から考えても、おそらく、在庫処分(または目玉商品?)の1円スタートか100円スタートなんだろうけども。

うーん。悩みどころ。